安楽亭のこだわり

安楽亭のこだわり
牛肉トレーサビリティ
 
 


牛肉トレサビリティーに対する安楽亭の取り組みについて


安楽亭は、お客様に安全な牛肉を提供する為、仕入から加工、物流まで、
全てを自社グループで行っております。

平成16年12月1日付にて流通段階においても施行された、
「牛の個体識別のための情報の管理、及び伝達に関する特別措置法」
(通称「牛肉トレーサビリティー法」)に伴い、安楽亭グループ各店では、
店頭にて国産牛精肉の個体識別番号またはロット番号をご案内しております。
(※ロット番号とは、2頭以上の牛で構成される商品に対する自社管理番号です。)


個体識別番号表示を実施している店舗


からくに屋 七輪房 国産牛カルビ本舗
安楽亭 からくに屋 七輪房 国産牛カルビ本舗
安楽亭


下記のホームページにアクセスしていただき、店頭でご案内しております番号を入力して
いただきますと、 牛の品種や産地、飼育から流通までの過程がご確認いただけます。

(※一部、個人情報保護の為、空白部分もございますが、省庁では全ての流通経路が管理されております)
(※ロット番号での検索は出来ません。ロット番号に含まれる牛の個体識別番号は、各店舗にお問合せ下さい)


独立行政法人 家畜改良センター


 

牛肉トレーサビリティーとは

耳標装着


国内で生まれた全ての牛と輸入牛に、10桁の個体識別番号が印字された耳標が装着されます。

届出と
牛のデータベース化


酪農家や肉用牛農家など牛の管理者及びと畜業者による届出に基づき、個体識別番号によって、その牛の性別や種別(黒毛和種など)に加え、出生から、肥育を経て屠畜(解体処理)までの飼養地などがデータベースに記録されます。
(法施行:平成15年12月1日)

番号表示と
取引の記録


その牛が屠畜され牛肉となってからは、枝肉、部分肉、精肉と加工され流通していく過程で、その取引に関わる販売業者や特定料理提供業者などにより、個体識別番号が表示され、仕入れの相手先などが帳簿に記録・保存されます。
(法施行:平成16年12月1日)

生産流通履歴の
把握


これにより、国産牛肉については、牛の出生からお客様にご提供するまでの間の追跡と、販売されている精肉などから牛の出生までの遡及、すなわち生産流通履歴の把握(牛肉トレーサビリティー)が可能となります。

国産牛肉の
安心確保


お客様は、表示されている個体識別番号により、インターネットを通じて牛の出生から屠畜までの生産履歴を調べることが出来ます。